都専門家が警鐘「感染再拡大の予兆みられる」…小池都知事は「今は静養が必要」と副知事

スポーツ報知
都庁でモニタリング会議に出席する多羅尾光睦副知事

 東京都は24日、専門家を交え新型コロナウイルス感染状況を分析する定例のモニタリング会議を開催し、感染状況、医療提供態勢ともに4段階中最も深刻な警戒レベルを維持した。

 同会議に出席した専門家は都内感染状況について、新規感染者数の増加比が前々週の80・3%、前週の96・6%、今週の111・1%と2週続けて大きく上昇していることから「感染の再拡大の予兆が見られる」と危機感をあらわに。「これまで以上の人流抑制など感染防止対策を徹底し、急激な感染の再拡大を阻止しなければならない」と訴えた。

 また、友人や同僚との会食による感染は「結果として職場や家庭内での感染の契機となることがある」と指摘。濃厚接触者の感染経路別割合において、会食は前週が8・3%、今週が8・5%と横ばいであり「マスク無しの会食に参加して複数名が感染した事例が見られた」とし、「野外であっても路上飲みやバーベキューなど会食はマスクを外す機会が多く、感染リスクが高いことを繰り返し啓発すべきだ」と強調した。

 これまで同会議に出席していた小池百合子知事は、過度の疲労により今週いっぱいは公務を離れることが発表されているため、欠席。知事不在の間、代理を務めている多羅尾光睦副知事が同会議に出席した。

 多羅尾氏は同会議後に記者団の取材に応じ「(まん延防止等)重点措置期間に入ったものの現在の大変厳しい状況だ。感染再拡大を何としても防いでいくために、改めて感染対策の徹底が必要」と強調。「都民の皆様には不要不急の外出自粛、事業者の皆様には出勤者の7割削減と遅くとも午後8時には業務を終えて帰宅を徹底いただきたい」と求めた。

 小池氏の健康状態に関しては「今は医師から静養が必要と言われている。知事がお休みされている状況ではあるが、東京都としては組織として今までと変わらずコロナ対策に万全を尽くしていく」と述べ、知事の具体的な復帰予定などについては言及しなかった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請