馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

【POG】新馬の後は?(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は西宮の自宅でのパッチパチ。今週は火曜日に書いていたブログを「中の人」に送信できておらず、水曜日の更新になるなど、何やかんやでバタバタとしていてすいません。ということで、早速行きたいと思います。

 と、謝罪ついでにもう一つ。本日は色々と細かな用事(仕事系)がありまして、いつもチンタラと書いているだけの前振りゾーンは省略させていただきます。ごくごく一部の楽しみにされていた方、すいません。早速、本題に入ります。

 2歳取材でいうと、まずはデビュー予定を聞くことが多いんですが、まだ競走生活のスタート地点。デビュー戦で勝ち上がった馬はまだしも、負けた馬が次にどのレースを使うのか、という取材も大事です。使い方が正しいのかは分かりませんが、「折り返しでどこか使われますか?」と続戦か、休養かを確認することも増えます。今週は関西圏で初の「2歳未勝利」が行われ、まずまずのメンバーがそろった感じ。こちらについては明日の更新分で触れますね。

 ただ、最近は「外厩」の発達もあり、一度使って放牧というパターンも多いんです。今週で言うなら、まずは東京の新馬で4着だった【マイシンフォニー(牝、父ディープインパクト)】。こちらは一度、放牧でリフレッシュします。ただ、レース内容に松永幹調教師は手応えを深めた様子。「パトロールでよく見ると、ノーステッキなんですよ。それで上がり33秒台ですからね。ユタカが競馬を覚えさせてくれたんじゃないかな、と思っています」と満足そうな表情でした。ひと息入れた後の次戦が楽しみになってきました。そして、トレーナーから早い段階で「いい馬」と聞いていた【ジレトール(牡、父ロードカナロア、母サンビスタ)】は昨日、栗東に戻っているはず。新潟開催でのデビューを目指します。

 続いては矢作厩舎。先週の阪神の芝マイルで2着だった【ルージュラテール(牝、父ハーツクライ)】も一度、放牧に出されました。勝ったダノンスコーピオンは強かったですが、後続を突き放す2着に、「走るだろ」と矢作調教師は手応えを感じているようでした。鞍上の藤岡康Jも「いい競馬をしてくれたけど残念です」と悔しがっていましたね。

 その矢作厩舎には近々、トレーナーが楽しみにしていた【グランスラムアスク(牝、父ディープインパクト、母ジェニサ)】が栗東に入ってくるようです。現在、入っている【メトセラ(牡、父キタサンブラック、母ドナブリーニ)】ともども、まずはゲート試験を目指すという感じになりそうですね。先週のゲート試験に合格した【パーソナルハイ(牝、父ディープインパクト、母パーソナルダイアリー)】は放牧へ。同じくゲート合格後、放牧に出ている4億円ホースの【ダノンマイソウル(牡、父ディープインパクト、母フォエヴァーダーリング)】は秋のデビューを目指していくようです。

 最後に音無厩舎。阪神の芝1200メートルで2着だった【インプロバイザー(牡、父ダイワメジャー)】は来週、小倉芝1200メートルで初勝利を狙うとのことです。その音無厩舎で今週、アリストテレスの取材中にその弟、【ソクラテス(牡、父ドゥラメンテ、母ブルーダイアモンド)】について、同じく担当の蛭田助手に少しだけ話を聞きました。現在はゲート合格後、放牧中なんですが、「同じ時期のアリストテレスよりよさそうです。まだトモが甘かったり、緩さを残していますけどね」とのこと。まぁ、アリストテレスは乗り味などを高く評価されているタイプではなかったんですが、とはいえ、確かな素質は引き継いでいるようです。

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請