【ヤクルト】近藤弘樹の離脱は右肩肉離れ…5・27抹消 球団社長明かす 

近藤弘樹
近藤弘樹

 5月27日に登録抹消され、2軍調整中のヤクルト・近藤弘樹投手(25)の離脱理由が右肩の肉離れだったことが23日、明らかになった。この日、都内で行われたヤクルト本社の株主総会後に、衣笠球団社長が対応。右腕について「肩のところの肉離れ」と説明し、「早く治って(1軍に)来てほしい」と語った。

 近藤は昨年限りで楽天を戦力外となり、ヤクルトに育成契約で加入。開幕前に支配下登録され、救援で22試合に登板して防御率0・96と抜群の安定感を見せていたが、5月26日の日本ハム戦(神宮)の8回に登板した際、初球を投じた後に右肩を気にするようなそぶりを見せて緊急降板。球団は上半身のコンディション不良と説明していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請