【巨人】小林、大城、炭谷で捕手一丸 情報共有が実った変幻自在7投手リレー

9回から登板し、試合を締めたビエイラ(左)は笑顔で小林誠司と抱擁を交わす
9回から登板し、試合を締めたビエイラ(左)は笑顔で小林誠司と抱擁を交わす

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人4―2DeNA(23日・富山)

 巨人は2年ぶり日本復帰登板の先発山口が6回途中1失点の好投。その後は大江、畠、高梨、鍵谷、田中豊、ビエイラと変幻自在の計7投手のリレーでリードを守って逃げ切った。

 この日、フル出場した小林誠司捕手は試合後、「僕も(1軍から)離れてた部分もありましたし。その中でも、卓三(大城)が座っている時、銀さん(炭谷銀仁朗)が座っている時をしっかり見て。ここどうだったの?というのは常に話して。自分が出た時に、すんなり、お互いが納得して勝負できるようにというのは心がけています。投手も自信を持って投げてくれていると思うので、つなげていきたいなと思います」と話し、普段から大城、炭谷と1軍捕手陣で一丸となって情報共有していることが、結果に結びついたとした。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請