【巨人】松原聖弥&岡本和真が攻守でチーム救う 鉄壁の守備陣だ! 失策数は12球団最少

7回無死満塁、柴田竜拓の左飛の打球を好捕する松原聖弥
7回無死満塁、柴田竜拓の左飛の打球を好捕する松原聖弥
1回無死、桑原将志の左飛を好捕する松原聖弥
1回無死、桑原将志の左飛を好捕する松原聖弥
7回1死満塁、佐野恵太の三ゴロを好捕し二塁に送球する岡本和真
7回1死満塁、佐野恵太の三ゴロを好捕し二塁に送球する岡本和真

◆JERAセ・リーグ 巨人4―2DeNA(23日・富山)

 覚悟を決めた。「もういくしかない」。松原は低い姿勢のまま、思い切って飛び込んだ。3点リードの7回無死満塁。左翼の芝へ落ちようかという柴田の飛球を、ダイビングキャッチしてつかんだ。「畠があまりうまくいってなかったので、何とか取れるアウトを一つでもと、思い切っていきました」。相手の流れを切る超ファインプレーで、チームを救った。

 岡本和も続いた。なお1死満塁から、佐野の三塁線を襲った打球に鋭く反応。飛びついて逆シングルでつかむと、すぐに立ち上がって二塁へ正確に送球し、一塁走者をアウトにした。併殺とはならず1点は与えたものの、抜けていれば同点となる可能性もあった場面だった。今季の目標の一つにゴールデン・グラブ賞獲得を掲げる若大将。バットでは2本の二塁打を放ち、守備でも魅了した。

 連続した好守で、重要視する7回を最少失点でしのいだ。原監督も「もう聖弥も、和真もよく(捕ってくれた)ね。投手も含めて1点に抑えたのは、勝負イニングの中で非常に大きかった」と鉄壁の守備陣を絶賛した。チームの失策数は12球団最少の23。「何とかチームを救えたかなというのは思いました」。初回先頭でも、自身の頭上を越えようとした桑原の大飛球を好捕した松原は、人なつっこい笑顔を浮かべながら胸を張った。(西村 茂展)

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細
7回無死満塁、柴田竜拓の左飛の打球を好捕する松原聖弥
1回無死、桑原将志の左飛を好捕する松原聖弥
7回1死満塁、佐野恵太の三ゴロを好捕し二塁に送球する岡本和真
すべての写真を見る 3枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請