【巨人】小林誠司 復帰初登板の山口の快投をアシスト 「俊さんもいい手応えで投げられていたんじゃないかな」

1回を投げ終え小林誠司(左)と話をする山口俊
1回を投げ終え小林誠司(左)と話をする山口俊

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人4―2DeNA(22日・富山)

 巨人の小林誠司捕手が、「8番・捕手」でスタメン出場。復帰後初登板を白星で飾った山口の6回途中1失点の快投を導いた。

 「やっぱり俊さんですら緊張するだろうなと思っていたので、その辺はうまく話しながら『こうなってますよ、ああなってますよ』というのは話し合えた。俊さんもいい手応えで投げられていたんじゃないかなと思います」と振り返った。

 「球の力は十分というかビックリするくらいあった」と驚いた小林。「向こうも僕のことを知ってくれていますし、その辺は自信を持って投げてくれてると思うので、つなげていきたいなと思います」と納得の表情を浮かべた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請