【DeNA】巨人戦10戦勝ちなし7連敗 三浦大輔監督「悔しさはありますよ」…苦手意識はキッパリ否定

6回表終了後、選手交代を告げる三浦大輔監督
6回表終了後、選手交代を告げる三浦大輔監督

◆「JERAセ・リーグ」巨人4―2DeNA(23日・富山)

 セ・リーグ最下位のDeNAが逆転負けを喫し、巨人戦は開幕から10戦勝ちなしの7連敗となった。

 初回に腰の違和感のため欠場した伊藤光に代わって2番に入った柴田が1号ソロを放って先取点を奪ったが、先発の今永が2回に坂本に適時打を許して同点。3回に丸に勝ち越し2ランを許すと、6回にも丸に2打席連続弾となるソロを浴びた。打線は6回に1死満塁、7回に無死満塁の好機を作ったが、7回に佐野の三ゴロで1点を奪うのが精いっぱいだった。

 2戦連続無安打だったソトを約2か月ぶりにスタメンから外し、腰の張りを訴えていた牧をスタメンに復帰させるなど打線にテコ入れした三浦大輔監督だったが、巨人には今季いまだに勝てず「悔しさはありますよ。僕だけじゃなくて選手も全員が思っている。今日負けたことは変わらないので、次勝てるようにしっかりやっていくだけです」と語気を強めたが、苦手意識については「ないです。結果ひとつも勝てていないことでそう見られるかもしれないけど、選手もそういう意識を持っている選手はいないと思います」とキッパリ否定していた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請