【ヤクルト】村上宗隆が右足に自打球当て途中交代

4回2死二塁、打席の中で自打球を右足に当てる村上宗隆
4回2死二塁、打席の中で自打球を右足に当てる村上宗隆

◆JERAセ・リーグ 広島―ヤクルト(23日・マツダスタジアム)

 ヤクルトの村上宗隆内野手が、4回の第2打席で右足に自打球を当て、直後の守備から交代した。

 2死二塁で迎えた打席で、カウント2―2から広島・九里の内角カットボールを打った際に打球が右ひざ付近を直撃。治療でベンチに下がった後、再び打席に戻ったが見逃し三振に倒れた。イニング間にも治療の時間がとられたが、高津臣吾監督は宮本丈内野手への交代を告げた。

 村上は東京五輪の野球日本代表に選出されており、この日は稲葉篤紀監督が視察に訪れていたが、指揮官の目の前で思わぬアクシデントに見舞われた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請