【POG】ハービンジャー産駒の新馬ブルーレーン 洋芝での追い切りに好感触

スポーツ報知
芝コースで追い切られたブルーレーン(左)

新馬のブルーレーン(牝2歳、栗東・本田優厩舎、父ハービンジャー)が23日、札幌・芝コースでまずまずの動きを見せた。同じ新馬のタイクーン(牡、栗東・本田優厩舎、父ドゥラメンテ)との2頭併せで、馬なりのまま脚いろ優勢で約半馬身先着した。

 手綱を執った泉谷楓真騎手は「走った感じでは、力を要する洋芝の方が良さそうです。切れるというよりも、長くいい脚を使うタイプだと思います」と、好感触を口にした。祖母ティーケイキャットの半兄には、02年、03年の天皇賞・秋、有馬記念を制したシンボリクリスエスがいる血統。7月11日の函館・芝1800メートルでのデビューを目指している。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請