米本拓司「慣れない環境で難しい試合だったが…」名古屋が中2日6連戦のACL初陣白星スタート

スポーツ報知

◆アジアチャンピオンズリーグ(ACL) ▽東地区1次リーグG組第1戦 名古屋1―0ジョホール(22日・タイ)

 9年ぶり出場の名古屋が日本勢の先陣を切って第1戦を迎え、ジョホール(マレーシア)を1―0で下した。後半15分にMF阿部浩之が決勝点を挙げた。

*  *  *

 0―0の後半15分、山崎凌吾のパスを阿部が流し込んで決勝点。終盤は攻め込まれるシーンがあったものの、1―0で白星発進を決めた。キャプテンマークを巻いたMF米本拓司は「慣れない環境の中で難しい試合だったが、勝ててよかった。日本を代表して来ているので、この調子で突破までいきたい」と語った。

 G組はタイでの集中開催。中2日の日程で6連戦が組まれている。次戦は25日、この日名古屋同様に白星スタートを決めた浦項(韓国)と対戦する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×