俳優・船戸順さん死去 82歳 「キャベジン コーワ」CMに夫婦で出演 妻の岩井友見が看取る

スポーツ報知
船戸順さんと岩井友見

 俳優の船戸順(本名・岩井常隆=いわい・つねたか)さんが5月26日に、進行性肺がんによる呼吸器不全で亡くなったことが21日、分かった。82歳だった。喪主は妻で女優の岩井友見。故人の遺志で5月31日に密葬を済ませた。

 船戸さんは8年前に脳梗塞(こうそく)で倒れてから入退院を繰り返していた。今年に入りせき込むようになり、1月の定期検査で進行性肺がんであることが判明し、即入院。その後は退院を果たせずに息を引き取った。

 コロナ禍で訪問が制限されていたが岩井は亡くなる日に病院に駆けつけ最期をみとった。岩井はスポーツ報知の取材に「最後は私の手をしっかりと握り『大丈夫、ありがとう』の言葉を残しました」と明かした。船戸さんは48歳の時に肺を患い2度手術を受け、さらに心房細動などもあり、闘病期間も長かったが、岩井は「とても優しい、私の一番の理解者でした」と振り返った。

 2人は80年代から10年以上にわたって胃腸薬「キャベジン コーワ」のCMに出演。仲むつまじい、おしどり夫婦として知られており、21歳で左目を失明した岩井さんを支えたのが船戸さんだった。「失明した時も流産した時も泣かなかったけれど、人生で全部の涙を流しました」と最愛の夫との別れの心境を吐露した。

 岩井の父親は11年に亡くなった歌舞伎俳優・岩井半四郎。岩井は日本舞踊の名跡として昨年5月に「11代目・岩井半四郎」を襲名したがコロナ禍で披露目を今年5月に延期。さらに11月28日に再延期となっていた。「順さんは絶対出席すると楽しみにしていた。父の追善とともに夫の追善にもなる」と悲しみをこらえて前を向いている。

 ◆船戸 順(ふなと・じゅん)1938年11月26日、和歌山県岩出町(現岩出市)生まれ。59年、「ミスター平凡」に選ばれ60年、東宝映画「地の涯(はて)に生きるもの」でデビュー。東宝専属俳優として数多くの映画に出演するほか、「大岡越前」「水戸黄門」など多くのドラマに出演した。岩井半四郎の弟・岩井良介と東宝所属時代同期であった縁で半四郎の娘・岩井友見と76年に結婚。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請