東京五輪、チケット収入は半減へ…再抽選を経て五輪は約272万枚に削減

 東京五輪&パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日、都内で会見し、観客数に収容人数の50%または1万人の上限を設けたことによって、当初想定されていた約900億円のチケット収入が半減する見通しを示した。「パラは決まっていないので厳密に計算するのは不可能だが、バージョン5では900億円(の想定)。おそらく、半分を下回る状態になると思っている」と述べた。

 チケットは、当初約448万枚が販売されたが、1年延期による払い戻しを経て、現在は約364万枚が販売済みの状態。これを、上限規制に当てはまるように再抽選して、約90万枚超を削減。合計数は約272万枚に減ると見込まれる。減収分の補てんについても問われ、武藤事務総長は「減収になる部分を埋めることを、関係者と協議したい。開催都市の東京都、国、そして我々。これにIOCやIPCが入るかは分からないが、基本的に日本の三者でよく協議をして合意したい」と説明した。

 チケット再抽選は、既に構築済みのシステムを用いて行う。再抽選や払い戻しなどに関する詳細は、23日にも公表する見通し。武藤事務総長は「(チケットホルダーに)さらにご不便を強いるのは心苦しいが、何卒ご理解を賜りたい」とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請