マツコ、働くなら営業職を希望「頭を下げて銭を稼ぐ一番最後の仕事。それは経験しておくべきよ」

スポーツ報知
マツコ・デラックス

 タレント・マツコ・デラックスが21日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に出演。営業職の大切さを説いた。

 この日の番組では年を追うごとに営業職には就きたくないと考える学生が増加。こうした学生が希望するのが企画、マーケティング、人事、コンサルタントなどの業務という記事を紹介。この件についてMCの垣花正に「マツコさんがサラリーマンをするとしたら?」と聞かれたマツコは「ダントツ、営業です」と、働くなら営業職を希望することを明言。

 「いいんじゃない。こういう風に営業に行きたくないって言っている人は多分、そんなに仕事に対してさ。仕事がどれだけ(人生の)メインになるかって人によるじゃない。そんなに問題もなく趣味とかもやって、居続ける方が幸せだって人にとってはこういう選択肢があってもいいと思うけど。私はどうせやるなら営業やって行けるところまで行ったれ!って口だから。営業は1回は通らないとなって思っている」と真剣に話した上で「なんで、ラインに乗りたがっている社員的なことを言わなきゃいけないの?」と自分にツッコんだ。

 さらに「言ってみりゃさ。いろんな人が携わって物を売るわけだけど、その最前線にいるわけじゃん。テレビだってそうじゃん。みんな、適当に作っているけど、そのカネにならない番組を売って、銭を稼がなきゃいけないのは営業の人たちじゃん、頭を下げてさ。だから、その一番最後の仕事よね。それは経験しておくべきじゃないかなと思う」とし、「全部を知ることになると思うよ、営業が」と続けた。

 最後には「5時に夢中!」について「営業は大変よね。伝える良さがない番組を売らなきゃいけないんだから。それを買って下さっているスポンサーの皆さん、ありがとうございます」と頭を下げていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×