五輪の観客上限決定 会場定員の50%以内、最大1万人、感染状況悪化なら無観客で基本対応

 7月23日から始まる東京五輪・パラリンピックに向けた大会組織委員会、東京都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の各代表による5者協議が21日、都内で開催された。新型コロナウイルス感染対策の政府の大規模イベント制限に準じ、五輪会場の観客数上限を定員の50%以内で、最大1万人とする方針を正式に決めた。大会期間中に感染状況が悪化した場合は無観客開催で基本対応することが決まった。協議後、記者会見した組織委の橋本聖子会長が発表し、「日本側の意向をIOC、IPCが合意した」と説明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請