【広島】コルニエル、自然体で出た~!大谷に並ぶ日本最速165キロ「次も166キロを目指して」

165キロをマークしたコルニエル(カメラ・関口 俊明)
165キロをマークしたコルニエル(カメラ・関口 俊明)
プロ野球で162キロ以上計測した投手
プロ野球で162キロ以上計測した投手

◆JERAセ・リーグ DeNA10―8広島(20日・東京ドーム)

 広島のロベルト・コルニエル投手(25)が日本球界最速タイの165キロをマークした。5回に登板。1死一塁からソトへの4球目に自己最速&球団最速を更新する164キロを計測すると、2死一、二塁から大和への3球目、高めの165キロで空振り三振を奪った。

 2016年の大谷翔平(日本ハム)に並び「うれしい気持ち。きょうは感触が良かった」。下半身強化の効果が出ていると自己分析し、「スピードを意識すると力んで制球が乱れてしまうので、あまり意識せずに投げている。その結果、自然と球速が出ればいい。次も自然体で166キロを目指して頑張ります」と意気込んだ。

 大谷はクライマックスシリーズでの計測で、レギュラーシーズンではコルニエルが最速。ドミニカ共和国のカープアカデミーから育成で昨年広島入り。今季開幕前に支配下契約を結び、24試合に登板している。

試合詳細
165キロをマークしたコルニエル(カメラ・関口 俊明)
プロ野球で162キロ以上計測した投手
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請