【ユニコーンS】スマッシャーV坂井瑠星騎手「素晴らしい走り」と相棒を絶賛

スポーツ報知
ユニコーンステークスを制したスマッシャーと坂井瑠星騎手

◆第26回ユニコーンS・G3(6月20日、東京・ダート1600メートル=16頭立て)

 将来のダート王を目指すフレッシュな3歳馬による重賞は、7番人気のスマッシャー(牡、栗東・吉岡辰弥厩舎)が坂井瑠星騎手とのコンビでゴール寸前の差し切りV。管理する吉岡調教師とともに人馬で重賞初制覇となった。勝ち時計は1分34秒4(良)。

 14番人気のサヴァ(石川裕紀人騎手)が直線半ばで先頭に立ち、勝ち馬には屈したが1馬身差の2着。さらに1馬身差の3着には3番人気のケイアイロベージ(三浦皇成騎手)が入った。

 坂井瑠星騎手(スマッシャー=1着)「いい脚でしたね。スムーズだったので、届くと思っていました。1400メートルのダート戦で勝ってきましたが、1600メートルは合うと思っていたし、未勝利を勝ってから、勝ち負けできると、ここを目標にやってきたので自信を持って乗れました。きょうの馬場から、時計は速くなるとは思っていましたが勝ったのは力がある証拠。素晴らしい走りをしてくれました。距離もこなしたし、まだまだ伸びしろがある馬です」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請