【DeNA】柴田竜拓が約2か月ぶりに1軍復帰 「まだシーズンはこれから」

DeNAの柴田竜拓
DeNAの柴田竜拓

◆JERAセ・リーグ 広島12―11DeNA(19日・東京ドーム)

 左肩脱臼で戦列を離れていたDeNAの柴田竜拓内野手が、約2か月ぶりに出場選手登録された。復帰初戦は7回に代打で出場し、そのまま二塁の守備に。計3打席で無安打に終わったものの、9回には1死から敵失で塁に出て、7得点の猛反撃のきっかけを作った。

 復帰が決まったのは、出場選手登録が締め切られる直前だった。元々この日は2軍のヤクルト戦(戸田)に出場予定だったが、雨で中止となったため、三浦大輔監督ら首脳陣が急きょ東京Dに呼び寄せた。

 久々に1軍の舞台を味わった柴田は「けがはもう大丈夫です。まだシーズンはこれからだと思うので、チームにしっかり貢献したいと思います。けがをしてからも温かい応援をしてくれたファンのみなさま、サポートしてくれた方々に感謝しています」とコメントした。

 内野の複数ポジションをこなし、走力もトップクラスのユーティリティー・プレーヤーの復帰に、三浦監督も「走攻守すべてにおいて持っているものを出してくれたらいい」と期待を寄せていた。

詳細詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請