【DeNA】ピープルズが3回途中で緊急降板 下半身のアクシデントか

3回無死一、三塁、投球後に倒れ込む先発投手のピープルズ
3回無死一、三塁、投球後に倒れ込む先発投手のピープルズ

◆JERAセ・リーグ DeNA―広島(19日・東京ドーム)

 DeNAの先発、マイケル・ピープルズ投手が、3回途中で緊急降板した。下半身のアクシデントとみられる。

 初回に3点を失ったピープルズは、同点で迎えた3回も連打で無死一、三塁のピンチ。打者・林に初球を投げた直後に、苦悶(くもん)の表情を浮かべ、グラウンドにうつぶせに倒れ込んだ。そのまま動くことができず、スタッフらに両脇を支えられてベンチへ下がった。続投は不可能と判断した三浦大輔監督は、4年目左腕の桜井周斗投手をマウンドへ送った。急きょリリーフした桜井は、林に適時打、坂倉に犠飛を許し、DeNAはこの回2点を失った。

 来日2年目のピープルズは、この日が今季7試合目の登板。これまで6試合で2勝2敗、防御率4・66だった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請