【広島】2年目左腕、玉村昇悟がプロ初勝利&タイムリー「ボールは実家に」

プロ入り初勝利を挙げた玉村昇悟(左)は佐々岡真司監督に祝福される 
プロ入り初勝利を挙げた玉村昇悟(左)は佐々岡真司監督に祝福される 

◆JERAセ・リーグ DeNA4―7広島(18日・東京ドーム)

 2年目の玉村昇悟投手がプロ初勝利をマークした。序盤から打線の援護にも恵まれ、キレのある直球を軸にスライダー、チェンジアップを交えて自己最長の7回を6安打2失点、10奪三振。先発投手に18試合勝利がついていなかったチームの不名誉記録を止め、最下位から脱出させた。

 「やっと勝ててよかった。初回から打たれたんですが、坂倉さんがしっかりリードしてくれて、打線もたくさん援護してくれたので後半は自分のペースで投げることができました」

 1年目の昨季は体づくりに重点が置かれ、2軍でも1試合のみの登板。しかし、フェニックス・リーグで成長した姿を見せると、今季は1軍の先発に抜てきされた。4月のデビューから3戦3敗で2軍降格したものの、握りを変えるなど改良を加えたチェンジアップに手応えを得て再昇格。10日のソフトバンク戦(ペイペイD)で6回3安打無失点と好投し、プロ初登板で黒星を喫したDeNAからのリベンジ勝利につなげた。

 打っても、2回2死一、三塁から左前に同点のプロ初適時打。記念のボールはウィニングボールとともに「実家に送ろうと思います」と笑顔を見せた若武者に対し、佐々岡監督も「しっかりと試合をつくってくれ、7回まで投げてくれたのが大きかった。成長している」と賛辞を送った。

 ◆玉村 昇悟(たまむら・しょうご)2001年4月16日生まれ、20歳。福井県出身。丹生高では甲子園出場なしも、奪三振の多さから「越前のドクターK」の異名を取る。20年ドラフト6位で広島入団。177センチ、77キロ。左投左打。今季年俸450万円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請