【DeNA】終盤追い上げも…球団初の東京ドーム主催試合で敗れ最下位転落

スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ DeNA4―7広島(18日・東京D)

 先発・浜口遥大投手の序盤の乱調が響いて、広島に敗れ最下位に転落した。

 交流戦では12球団トップタイ0・90の防御率をマークするなど好調だった浜口だが、3回に2者連続押し出しを含む4四球など6失点。3回途中、今季最短でKOされた。

 打線は3回に桑原の5号ソロ、8回に宮崎の適時二塁打、大和の適時打で3点差まで迫った。その後、満塁とし、一発が出れば逆転の場面を作ったが、ここまで猛打賞の桑原が空振り三振に倒れた。

 9回も栗林を攻め、無死一、二塁としたが、オースティンが空振り三振、宮崎が遊ゴロ併殺に倒れた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請