【DeNA】交流戦防御率トップの浜口遥大が18日広島戦先発「ちょっと景色も変わると思うので…」 初の東京ドーム主催試合

スポーツ報知
東京ドームの全景

 リーグ戦再開となる18日の広島戦(東京D)で先発するDeNA・浜口遥大投手が17日、横須賀市の球団施設「DOCK」での練習に参加した。

 前回登板の11日・日本ハム戦(札幌D)では2年ぶりの完封勝利をつかんだ左腕。交流戦は3試合の登板で2勝0敗、防御率0・90は日本ハム・伊藤と並んでトップだった。さらに規定投球回を投げた投手の中で2失点、被安打9、被本塁打0はいずれも最少。調子が上向きの浜口は「(調整は)特に変えることなく、いつも通り中6日で調整しました」と、変わらぬルーチンをこなしてきた。

 本拠地の横浜スタジアムが東京五輪準備のため使えず、18日からは球団史上初めて東京Dで主催試合を戦う。最初のカードは、交流戦最終戦で勝って5位に浮上し、マイナス0・5ゲーム差で競る6位広島との3連戦だ。浜口は「足のある選手が多いので、作戦を絡めた攻撃もある。中軸の前に走者を出さず、一人ずつ丁寧に、しっかり対戦していければいい。あとは球場が横浜スタジアムとまた違うので、そこも頭に入れながら、あとちょっと景色も変わると思うので、まずはしっかり自分のボールで勝負できるようにやっていきたいと思います」と意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請