【阪神】岩崎優が侍ジャパン初選出 高校時代の恩師・羽根田暢尚さん喜び「彼は本当に努力家」

東京五輪の野球日本代表選手に内定した岩崎優
東京五輪の野球日本代表選手に内定した岩崎優

 東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の内定24選手が16日、発表された。静岡・清水東高出身の阪神・岩崎優投手(29)が初めて選出された。同校時代の恩師・羽根田暢尚さん(56)=現駿河総合副部長=がスポーツ報知の取材に応じ、教え子にエールを送った。

 「彼は本当に努力家。今年の正月、自主トレに帰ってきた時に『五輪に選ばれたらすごいな』と話したら『頑張ります』と。夢みたいです」と喜んだ。同校では4番・エースとして活躍。羽根田さんがシャドーピッチング1000回を命じると、本当にやりきったという。「自分で決めたことは絶対妥協しない。3年間、一日も休まなかった」。3年夏は1回戦で沼津城北に2―1。岩崎は自ら本塁打を放ち1失点完投した。2回戦は清水市商(現清水桜が丘)に1―2で惜敗したが、敗戦翌日から大学進学に向けて練習を始めたという。「彼は任された所で嫌とは言わない。稲葉ジャパンでも役割を果たしてほしい」と大舞台での快投に期待を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請