【ロッテ】トレード入団の前DeNA・国吉佑樹、前中日・加藤匠馬が会見「勝利に貢献したい」

入団会見に出席した加藤(左)と国吉(球団提供)
入団会見に出席した加藤(左)と国吉(球団提供)

 トレードでロッテ入団が決まった前DeNA・国吉佑樹投手と前中日・加藤匠馬捕手が16日、ZOZOマリンで会見した。

 有吉優樹投手とのトレードとなり、救援陣の一角を期待される国吉は「(トレードは)びっくりしました。パ・リーグは打者のスイングが速く、かわしていく投球は通用しない。どんどんストレートを投げていきたいです。マリーンズの一員として貢献したい」と真っ向勝負を予告した。

 加藤翔平外野手との“加藤トレード”となり、背番号66に決まった加藤は「早く投手陣とコミュニケーションをとって、いいリードがしたいです」と意欲。新たに入団が決まった左腕のロメロとは中日時代にバッテリーを組んでおり「とても明るくていい投手。会話をしながら頑張っていきたいです」と新天地での顔合わせを心待ちにした。

 会見に同席した井口監督は「(国吉は)益田につなげるセットアッパーとして勝ちパターンで投げてほしい。若い捕手が多いので、(加藤に)引っ張っていってもらいたい」と期待。3日連続の補強については「チームの現状で足りないところを補強していただいた」とチームに感謝した。国吉、加藤は17日の練習からチーム本隊に合流する予定となっている。

 ◆国吉 佑樹(くによし・ゆうき)1991年9月24日、大阪・枚方市生まれ。29歳。熊本・秀岳館高から2009年育成ドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団し、11年7月に支配下登録。19年には球団日本人最速161キロを計測。通算238登板で21勝30敗3セーブ、防御率3・87。196センチ、106キロ。右投右打。背番号はロッテでも92。年俸5700万円。既婚。

 ◆加藤 匠馬(かとう・たくま)1992年4月29日、三重・松阪市生まれ。29歳。三重高では2010年春の甲子園に出場。青学大を経て、14年ドラフト5位で中日入り。「加藤バズーカ」と呼ばれる強肩。通算126試合、打率2割1分3厘、0本塁打、14打点。175センチ、76キロ。右投右打。背番号66。今季年俸1500万円。既婚。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請