東京五輪代表 最激戦区の三塁争いは村上宗隆が制す

村上宗隆
村上宗隆

 東京五輪に臨む野球日本代表選手の発表会見が16日、都内ホテルで行われ、稲葉篤紀監督(48)が自ら24選手を発表した。

 最も激しかったと見られるのは三塁争いだ。現在セ・リーグ打点トップの巨人・岡本和真、ムードメーカーとしても国際舞台には大きな力を発揮してきたソフトバンク・松田宣浩をはじめ、中日・高橋周平、阪神・大山悠輔ら実力者が候補に挙がっていたが、ヤクルトの若き主砲・村上宗隆にホットコーナーが託されることになった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請