厳罰は「懲戒委員会」で精査し判断も具体例の明言は避ける 東京五輪パラ「プレーブック」第3版発表

スポーツ報知
オリンピックモニュメントと国立競技場

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、コロナ下での本大会に参加する選手・関係者の行動規範をまとめた「プレーブック」第3版を公表した。記者会見に参加した国際オリンピック委員会(IOC)のクリストフ・デュビ五輪統括部長は「科学や多くの大会の情報を盛り込んだ形になって、非常に自信を持ってお伝えできる」と強調した。

 第2版を改版した行動規範集の主な変更点では、ルール違反者に対する制裁措置が明確化された。その一方で具体的な違反に対する適用について、デュビ氏は「懲戒委員会が検討することになる」と強調。罰金や選手の失格処分、メダル剥奪などの厳罰については、明言を避けた。組織委の中村英正統括は「悪質な違反や、命、健康に関わることがあった場合は(厳罰も)あると思う。厳しい措置を示すことで、選手も安心、安全を実感できると思う」と語った。

 今回は選手、関係者に関する規則集でメディアなどについては順次発表していく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請