山寺宏一元アイドルと31歳差婚…3度目ゴールイン 岡田ロビン翔子は初婚、今後は仕事も継続

スポーツ報知
山寺宏一

 声優の山寺宏一(59)がタレントの岡田ロビン翔子(28)と結婚したことを14日、ツイッターで報告した。9日に婚姻届を提出。31歳年下と結ばれた山寺は、3度目の結婚となる。

 山寺はツイッターで、出会いがラジオ番組での共演だったことを明かし「世代も育ってきた環境も全く違う二人ですが、互いに支え合い人生を共に歩んでいくことにした次第です」と説明。17日に還暦を迎え、岡田とは32歳差になるが「自分の年齢等を考えても、結婚を決意してくれた彼女には感謝の気持ちしかありません」とつづった。

 声優歴36年、声域の広さから“七色の声の持ち主”と呼ばれる大御所。穏やかな人柄とトーク力で、声優界きってのモテ男としても知られる。同業の声優と2度の結婚、離婚を経験した。「人間はいくつになっても成長できると信じています」と3度目の正直へ、静かにやる気を見せる。

 お相手の岡田は元アイドル。はっきりとした顔立ちで現在はタレントとして活動する。この日、ツイッターで「真面目で誠実な姿にひかれ、びっくりするくらい繊細な彼を支えていきたいという思いが芽生えました」と初婚への思いをつづった。所属事務所関係者によると、妊娠はしておらず、今後も仕事を続ける。

 挙式・披露宴は現在予定しておらず、まだ同居もしていない。山寺も「ツッコミどころ満載の二人かもしれませんが、このような時代に一緒に生きていくことを決めた我々を、どうか温かい目で見守っていただけたら幸いです」と自虐を交えて決意表明している。

 ◆山寺 宏一(やまでら・こういち)1961年6月17日、宮城県生まれ。59歳。愛称・バズーカ山寺。85年、OVA「メガゾーン23」で声優デビューし、俳優、MCとしても活躍。主な出演作に「ルパン三世」の銭形警部、「それいけ!アンパンマン」のめいけんチーズなど。93年に声優・かないみか(57)と結婚し、06年に離婚。12年6月に声優・田中理恵(42)と再婚し、18年7月に離婚。

 ◆岡田ロビン翔子(本名・ストューカスロビン翔子)1993年3月15日、米マサチューセッツ州生まれ。28歳。父が米国人で母は日本人。04年にハロプロエッグオーディションに合格し、06年に「THE ポッシボー」に加入。13年、リーダーに就任。15年、グループが「チャオ ベッラ チンクエッティ」に改名され、18年に解散。20年からは日テレ系「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)に出演。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×