小林亜星さん5月30日に自宅で転倒、救急搬送 妻に看取られ静かに息を引き取る

スポーツ報知
小林亜星さん(C)TBS

 作曲家として都はるみ「北の宿から」や日立グループ「日立の樹」などの名曲を手掛け、俳優としてもTBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」に主演するなどマルチに活躍した小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため死去したことが14日、分かった。88歳だった。生涯で手掛けた楽曲は6000曲超。葬儀は近親者のみですでに執り行われ、お別れの会は予定していない。

 マネジャーによると、小林さんは5月30日朝に自宅で転倒。そのまま体調不良を訴え、都内の病院へ救急搬送されたが、静かに息を引き取ったという。

  別の関係者によると、昨夏に風邪が長引いたこともあったが、元気に過ごしていた。マネジャーは「奥さんに看取(みと)られました。前日まで元気で、入院等もなかったです。我々も非常に驚いています」と声を落とした。

 CMにアニメに歌謡曲、童謡まで、昭和のお茶の間は小林さんの楽曲が流れない日はなかったと言っても過言ではない。会社員を経て作曲家・服部正さんに師事。1961年に初めて手掛けたCMソングであるレナウンの「ドライブウェイに春が来りゃ…」で有名な「ワンサカ娘」が大ヒット。続けて同社の「イエ・イエ」も爆発的ヒットになり、CMソング作曲家の第一人者の地位を築いた。

 その後もアニメ「怪物くん」の「ユカイツーカイ怪物くん」、「まんが日本昔ばなし」の「にんげんっていいな」や童謡「あわてんぼうのサンタクロース」など、幅広い世代に親しまれる曲を提供。歌謡曲では、1976年の日本レコード大賞を受賞した「北の宿から」、フジテレビ系ドラマ「裸の大将放浪記」シリーズの主題歌として親しまれたダ・カーポの「野に咲く花のように」やプロ野球・西武の球団歌「地平を駈ける獅子を見た」を作曲した。最盛期は1年に300曲を制作し、生涯で手掛けた曲は計6000曲以上。子供から大人まで、昭和・平成・令和と時代を超えて愛される楽曲を送り出し続けた。

 才能は音楽だけでなく、役者としても開花した。74年、デビュー作で主演に抜てきされたホームコメディードラマ「寺内貫太郎一家」で演じた頑固オヤジがはまり役となった。モデルは脚本を手掛けた向田邦子さんの父親。当時41歳で、演技は“ズブの素人”だったが、TBSプロデューサー・久世光彦さん(06年死去、享年70)が巨漢を買って起用。ちゃぶ台や障子を破壊するなど、体当たりの演技がうけた。パート1(全39回)は平均視聴率31・3%を記録。その後、シリーズ化もされた。

 作曲家としての遺作は2014年、六花亭製菓のCMソング「花咲く六花亭」だった。先月15日には、同曲ほか「日立の樹」などでタッグを組んだ伊藤アキラさん(享年80)が亡くなった。訃(ふ)報が明らかになった22日には「仕事ではいつも彼の歌詞が回ってくると、スムーズにメロディーをつけられるという、気が合うのか合わないのか、そんな不思議な関係でした」と追悼していた小林さん。その伊藤さんを追うように、天国へと旅立った。

 ◆小林 亜星(こばやし・あせい)本名同じ。1932年8月11日、東京都生まれ。慶大卒。作曲は服部正氏に師事。76年「北の宿から」で日本レコード大賞を受賞。2015年、日本レコード大賞功労賞を受賞。趣味は釣り。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×