【ロッテ】8勝9敗1分けで交流戦終え井口監督「今年はセの方が強かった印象」

巨人に勝利しナインを迎える井口資仁監督
巨人に勝利しナインを迎える井口資仁監督

◆日本生命セ・パ交流戦ロッテ5―4巨人(13日・ZOZOマリン)

 ロッテが巨人の追い上げを振り切り、交流戦最終戦を白星で飾った。交流戦は8勝9敗1分けで全日程を終了した。

 この日は巨人の先発・菅野から角中の適時二塁打や荻野の5号ソロ、レアードの犠飛などで4得点を奪い、3回途中でマウンドから引きずり降ろした。さらに6回にはレアードが高梨から16号ソロをマークし5―0と突き放すも、6回まで無失点と好投を続けてきた先発・小島が7回2死満塁から亀井に死球で押し出し。2死満塁のまま小野へマウンドを譲ったが小野も四球と連続安打を浴びこの回4失点と追い上げられた。だが1点差のまま8回に登板した佐々木千、9回に登板した守護神・益田が無失点。8勝9敗1分けで交流戦を終えた。

 井口監督は「全体として今年はセ・リーグの方が強かったなと言う印象はあります。当然この期間に我々も順位をあげたかったですけど、石川も離脱して、田村もいない中で、打線が頑張ってくれたなと。最終的には不本意な成績ではありましたけど、何人か離脱してる中しっかりとチームとして戦えた。またパ・リーグの試合に戻って、しっかりと自分たちの戦いをしたいと思います」と総括した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請