【DeNA】今永昇太初勝利、エスコバー163キロで交流戦球団最高3位に 5位広島にも1ゲーム差

スポーツ報知
2回無死一、三塁、伊藤光の左前適時打で生還した関根大気(手前)とグータッチする三浦大輔監督

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム1―4DeNA(13日・札幌ドーム)

 DeNAが日本ハムに快勝して交流戦を白星で締めくくった。交流戦は9勝6敗3分けで07年に並ぶ球団最高3位でフィニッシュ。セ・リーグ5位の広島とも1ゲーム差に迫った。

 初回に佐野の適時打で先制すると、3回にも伊藤光とソトの適時打で2点を追加。5回にも相手失策で1点を奪った。先発した今永は、今季4度目の登板で初勝利。7回4安打1失点と安定した投球を見せた。8回には2番手のエスコバーがNPB左腕では最速となる163キロを計測した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請