朝倉未来「今後は引退も含め考えます」生中継RIZIN大トリでコイケに失神惨敗

朝倉未来
朝倉未来
クレベル(下)に三角絞めを決められる朝倉(C)RIZIN FF
クレベル(下)に三角絞めを決められる朝倉(C)RIZIN FF

◆RIZIN.28 ▽第10試合 MMA(66キロ) ○クレベル・コイケ(2回1分51秒 三角絞め)朝倉未来●(13日、東京ドーム)

 18年ぶりとなる東京ドームでの総合格闘技大会のメインイベントで人気ユーチューバーの朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=が、“柔術界の鬼神”クレベル・コイケ(31)=ブラジル、ボンサイ柔術=に惨敗した。

 1回はグラウンドに引きずり込まれ、ヒヤリとさせられるシーンが2度あったが、スタンドに立ち直って、パンチ、キックで反撃した。だが、2回に三角絞めでつかまった。意地でタップしなかったが1分51秒、落とされて試合がストップした。

 この試合はメインイベントで那須川天心の試合に続き、フジテレビで生中継されたが、結果を出せなかった。第7試合でTKO勝利した弟の朝倉海(27)=トライフォース赤坂=の試合が、この試合の後に録画で流される皮肉な状況となった。

 試合後、朝倉は「悔しいけど、やってよかったなと思いまう。結果的に強かった。東京ドーム大会は自分の宝になる。今後は引退も含め考えます」と引退の可能性も明かした。またフィニッシュについては「最後(三角絞め)はコーナーに押し付けてたので入ってこないと思ってたんですけど、入ってきた。油断しました。タップの選択はなかった」と悔しさをにじませた。

 ◆朝倉 未来(あさくら・みくる) 1992年7月15日、愛知県生まれ。12年にDEEPで総合格闘技デビュー。13年からはTHE OUTSIDERへ参戦。15年に65-70キロ級王座、60-65キロ級王者を獲得し、THE OUTSIDER史上初の二階級制覇の快挙を果たした。17年3月に韓国のROAD FCで海外初挑戦。18年8月にRIZIN初参戦。元UFCファイター・日沖発、リオン武、ルイス・グスタボ、矢地祐介らを破っている。20年11月のRIZIN.25で修斗王者の斎藤裕とRIZINフェザー級タイトルマッチで対戦も敗戦し王座戴冠とはならなかった。

朝倉未来
クレベル(下)に三角絞めを決められる朝倉(C)RIZIN FF
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請