【DeNA】初回に佐野恵太の適時打で先取点 初球安打、二盗、進塁打、適時打と流れるような攻撃

1回1死三塁、先制の右前適時打を放ち手を叩いて喜ぶ佐野恵太
1回1死三塁、先制の右前適時打を放ち手を叩いて喜ぶ佐野恵太

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―DeNA(13日・札幌ドーム)

 セ・リーグ最下位ながら交流戦勝ち越しを決めているDeNAが、交流戦最終戦でも先取点を奪った。

 流れるような攻撃を初回に見せた。先頭の桑原は、日本ハム先発・バーヘイゲンの151キロに反応し、初球を中前安打。続く伊藤光の打席の初球で二盗も決めた。伊藤光は9球目まで粘って一ゴロ。アウトにはなったが、走者を三塁に進める貴重な進塁打になった。

 すると、3番の佐野が一、二塁間を破る右前適時打。理想的な攻撃で先取点を奪った。今季4度目の登板で初勝利を狙う今永は、初回は無失点で切り抜けたが、1点リードの2回2死から万波にプロ初アーチとなるソロを浴びて追いつかれた。だが、同点の3回にも関根の二盗など足を絡めて伊藤光、ソトの適時打で2点を奪って再びリードをつかんだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請