【巨人】「カーブ投手」に戸郷翔征が変身? マリンの風使い「曲げた」ハーラートップタイ6勝

6勝目を挙げポーズをとる戸郷翔征
6勝目を挙げポーズをとる戸郷翔征

◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ4―11巨人(12日・ZOZOマリン)

 ZOZOマリン特有の浜風を読み切った。9点リードの7回2死。戸郷はフォークを鋭く落とし、佐藤都を空振り三振に仕留めた。「(風が)すごかった。でも、いい感じに味方にできたかなと思います」。7回5安打2失点で、リーグトップに並ぶ6勝目を挙げた。

 初回に3点のリードをもらった直後、2点を返された。「変化球に頼りすぎていたので、真っすぐを中心に僕のピッチングをしよう」と、2回以降はストレートを軸に組み立てて要所を締めた。4回2死では安田の打球がワンバウンドで右膝付近を直撃。桑田投手チーフコーチ補佐が駆け寄り一度はベンチに下がるも、すぐさま走ってマウンドに戻った。その後も影響を感じさせず、6回にはこの日最速となる150キロをマーク。尻上がりに出力を上げた。

 もう一つ効果的だったのがカーブだ。「風を利用したいっていうのが一番。それに乗せたら大きく曲がりますし、体勢も崩されてたのが見えたので」。5回は先頭の藤岡に二塁打を許すも後続を断ち無失点。これまでピンチで使う場面はあまりなかったが、アウトは全てカーブを織り交ぜて三振で取り「最近めっちゃいい。どうしたんやろ? カーブピッチャーじゃないと思いながらやってます」と笑った。

 前回登板した5日の日本ハム戦(東京D)は6回まで完封ペースも、7回に6点を失い敗戦投手となり「今日は何とか粘っていきたいと思っていたので良かった」。原監督も「立ち上がり、やや不安定なところがありましたけど、しっかり修正できたという点では、何かいいきっかけとしていってほしい」とうなずいた。開幕2戦目の4月3日ヤクルト戦(東京D)以来9試合ぶりに7回を投げきり、初体験の交流戦を締めた。「違うリーグの方たちとの対戦も楽しかったし、いろいろと勉強できた。またセ・リーグの戦いに向けてやっていきたい」。虎との6差をひっくり返すには、21歳のフル回転が絶対条件だ。(河原崎 功治)

 ◆ZOZOの海風は投手には有利? バックネット側の壁が33.9メートルに対してバックスクリーン側は27.6メートルと低く、中堅上空からホーム方向に吹く風が再度グラウンド上へ跳ね返る構造になっている。そのため高い飛球になると落下地点の予測が難しく、投手には“向かい風”を利用した配球が基本となる。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請