【ロッテ】唐川侑己は13日も登板回避へ 井口資仁監督は「今日も投げられる状態ではなかった」

3回途中、10点を失い降板する美馬学
3回途中、10点を失い降板する美馬学

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人11―4ロッテ(12日・ZOZOマリン)

 ロッテは先発の美馬学投手が3回途中10失点でKOされるなど計11失点で大敗した。2連敗で交流戦負け越しが決定。借金1となり、5位西武に0・5ゲーム差に迫られた。

 井口資仁監督は試合後、前日の試合でコンディション不良を理由に中継ぎ起用を見送った唐川侑己投手について、「きょうも投げられる状態ではなかった。おそらく明日も無理」と、交流戦ラストとなる13日も登板させない考えを明らかにした。

 唐川はセットアッパーとして今季29試合に登板して23HPをマーク。しかし、前日の試合では同点の8回に起用されず、井口監督は「唐川でいきたかったが、状態が悪くて投げさせられなかった」と話していた。この日も登録抹消はされず、ベンチ入りメンバーには名を連ねていたが、指揮官は試合展開にかかわらず登板を見送る方針だった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請