【巨人】戸郷翔征が7回5安打2失点 リーグトップタイの6勝目の権利を持って降板

スポーツ報知
3回無死一、三塁 左越えこの日2本目の3ラン本塁打を放った岡本 和真(左) 戸郷翔征(右)に迎えられた

◆「日本生命セ・パ交流戦」ロッテ―巨人(12日・ZOZO)

 巨人の戸郷翔征投手が先発し、7回5安打2失点の好投でリーグトップタイとなる6勝目の権利を持って降板した。

 3点のリードをもらった直後の1回裏に2点を返されたが、以降は味方の好守にも助けられるなど無失点投球。5回には3つのアウトを全て三振で奪うなど計5奪三振。戸郷が7回を投げきったのは開幕2戦目の4月3日・ヤクルト戦(東京D)で8回を投げて以来だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請