【阪神】大山悠輔、チーム初安打が8号2ラン 田中将大から快音

マルテ(左)に迎えられる大山悠輔(カメラ・関口 俊明)
マルテ(左)に迎えられる大山悠輔(カメラ・関口 俊明)

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―阪神(12日・楽天生命パーク)

 阪神・大山悠輔内野手が7試合ぶりとなる会心の一発を放った。

 3回まで楽天・田中将にパーフェクトに抑えられていたが、4回2死からマルテが四球を選んで出塁。続く大山が1ストライクから145キロの外角直球を右翼席へ。チームにとっての初安打が8号2ランとなった。

 「とにかく打点を挙げることが仕事だと思っている。ヒットでも内野ゴロでもとにかくチームに得点をと思っているので、その場面、場面で仕事ができるようにしたい」と話す4番打者が、日本屈指の右腕に、強烈な一撃をお見舞いした。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請