栗東も動いています(栗東)

 こんにちは、山本です。函館、西宮からお伝えしている今週の当ブログ。本日は恒例という言葉を使うのも懐かしい、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは早速、行ってみましょうか♪

 さて、こんな色々と飛び回っている1週間で色々と書きたいことはあるんですが、3場開催復活ということで、何やかんやと忙しく、この時間に明日の仕込みすら何もできないままに当ブログに取りかかっている本日。前振りゾーンは泣く泣くカットとさせていただきます。一部で楽しみにしていた方々、申し訳ございません。明日は必ず!

 ということで、早速本題です。明日の競馬を中心に見ていく前に、今日の函館で昨日の更新で触れた母にG12勝馬を持つ血統馬、【グラヴィタス(牝、父キングカメハメハ、母ヴィルシーナ)】が函館でゲート試験に合格したようですね。今後は放牧に出て、状態次第では夏始動も視野に入れている一頭。今後に注目したいところです。

 明日の札幌5Rは北海道で一発目の新馬戦。数少ない函館調教組の中で、主役となる木村厩舎の【コラリン(牝、父ダイワメジャー、母モルジアナ)】がいました。美浦でもしっかりと乗り込み、函館でも軽快な走りを見せていましたね。今週の追い切りはスタンド前を走らせて、競馬場の雰囲気に慣れさせるという意味合いも強かったようで、「良かったかなと思います。走ったら真面目ですし、その中で割とゆとりもあります」と太田助手も好感触をつかんでいます。ただ、体重が減少傾向にあるとのことで、函館では424キロ。この体重がどれほどになって、出走できるかでしょうね。

 そして、東京5Rの新馬には高野厩舎から【ハギノモーリス(牡、父モーリス、母ハギノエスカーダ)】が出走します。この馬ね、当初は地味な存在だったけど、ゲート試験の後も調教が続けられるし、本当によく動けているんですよ。高野厩舎って、坂路での朝一番の時間帯に追い切らないんですが、その中で優秀な時計が出ていますからね。「恥ずかしくない動きをしていますね。あとはレースに行って、競馬力があるかどうかだと思います」と高野調教師。ハギノピリナと同じく、藤懸Jとのコンビで臨みます。

 実は今週、函館出張で高野調教師の話は栗東にいるガッポ内尾先輩から頂いた(先週までは聞いていたんですけどね)モノなんですが、この流れでガッポ先輩からいただいた、藤原英厩舎のお話を少しお伝えしましょう。現時点の栗東で時計を出している中で、最も注目しているのが【レッドベルアーム(牡、父ハーツクライ、母レッドファンタジア)】。兄のレッドベルジュール、レッドベルオーブは重賞を制し、父がハーツクライに替わった同馬も雰囲気がありそうです。「ハーツらしい軽さがあって、いいモノがありそう」と先月の段階から田代助手は話していたそうです。

 あと、今週9日に【アスクドゥラメンテ(牡、父ドゥラメンテ、母プラウドスペル)】と【ルージュスティリア(牝、父ディープインパクト、母ドライヴンスノー)】がゲート試験に合格しました。前者は母がケンタッキーオークス馬で、兄にグレートウォリアーなどがいます。セレクト1歳セールで1億6000万円がついています。また、同じ日には米G1馬を祖母に持つ【アスクオンディープ(牡、父ディープインパクト、母カラズマッチポイント)】も入ってきたようです。しかし、相変わらず質の高いラインアップだなぁ。

 ということで、ネット限定「厳選馬」ですが、東京5Rの2ハギノモーリスにします。白毛馬やルメールJの人気で、単勝がつかないかなと甘い気持ちを持っていますが…。続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

中京6R・10タイセイブレイズ(素質は高い。間隔空け、立て直した今回は初戦から)

中京10R・15ダイシンイナリ(ここは先行激化か。差しが届く)

札幌1R・9ディーバサンライズ(ここもリフレッシュ効果見込む。前走も悪くない)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請