【巨人】山口俊が入団会見 来月先発ローテ入りへ「ジャイアンツに貢献できるように」

山口俊
山口俊

 ジャイアンツ傘下3Aサクラメントを退団し、巨人に2年ぶりに復帰した山口俊投手(33)が11日、リモートによる入団会見に臨んだ。今季の年俸は3000万円プラス出来高(推定)で、契約は来季まで。背番号は「99」に決定し「僕自身のスタイルどうこうより、チームが勝つ投球が一番大事。優勝が一番チームの目標になると思う。ジャイアンツに入団させてもらった以上、その力になれるようにやっていきたい」と所信表明した。

 戦闘態勢はほぼ整っている。1日(日本時間2日)には3Aラスベガス戦に先発し、5回6安打4失点。実戦感覚は問題なさそうで、「(1軍へは)一日でも早く。肩肘、体の状態は万全なので、あとは結果としてしっかり示していければいいと思います」と力を込めた。原監督は先発として計算している。5日に帰国し現在は自主隔離期間中だが、その後の調整を経て、順調なら7月にもローテーションの一角として稼働できそうだ。

 メジャー挑戦は不完全燃焼に終わったが、厳しい環境でもまれる中で身につけたすべがある。「ファーストストライクの重要性。3球のうちに、どう2ストライクに追い込むか。それによって球数も減るし、打者にプレッシャーをかけて勝負できる。向こう(米国)で経験したことだし、(巨人でも)伝えていければ」。若返りつつある巨人投手陣にとっても、山口の経験値は貴重だ。

 渡米前の19年には最多勝、最高勝率、最多奪三振の投手3冠に輝いた。「2年前のポスティングの際に快く送り出してくれましたし、今回もこのように連絡をいただいた。しっかりまたジャイアンツに貢献できるようにという思いが強かった」。リーグ3連覇への救世主となることが、チームへの恩返しになる。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請