【ヤクルト】石川雅規が6回0封で2勝目…交流戦歴代1位タイの26勝目「大きなチームとしての1勝」

2勝目を挙げた石川雅規がヒーローインタビュー後にガッツポーズ
2勝目を挙げた石川雅規がヒーローインタビュー後にガッツポーズ

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク0―1ヤクルト(11日・PayPayドーム)

 ヤクルトの石川雅規投手が、先発したソフトバンク戦で6回6安打無失点と好投して今季2勝目を挙げた。17年6月7日以来となるソフトバンク・石川との同姓対決を制し、杉内(現巨人投手コーチ)、ソフトバンク・和田に並ぶ交流戦歴代1位の通算26勝目となった。

 最速は130キロ台中盤ながら、緩急を自在に操って強打のソフトバンク打線を翻弄。直近2試合で計11イニングをわずか1失点の大ベテランは、「いろんなボールを投げて、高さを頑張ってというのが僕の投球。それが今日はすごくいい形に出たと思う。中継ぎ陣が本当に頑張ってくれたので、本当に大きなチームとしての1勝だと思います」と喜んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請