【日本ハム】3度目4連敗に栗山英樹監督「まずは連敗を止めないと」交流戦負け越しも決定

9回、沈黙する打線に厳しい表情の栗山英樹監督
9回、沈黙する打線に厳しい表情の栗山英樹監督

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム0ー4DeNA(11日・札幌ドーム)

 日本ハムはDeNAに敗れ、今季3度目の4連敗を喫した。借金はワーストを更新する14。4安打に封じ込められ、5度目の0封負けとなった。交流戦はこれで5勝10敗となり、3試合を残して負け越しが決まった。

 先発の金子弌大が5回途中4失点で降板。5イニング中、先頭を出さなかったのは4回のみ。初回にオースティンに左越え2ランを浴び先制を許すと、3、5回は犠飛で追加点を与えた。5回2死一、二塁のピンチで栗山監督は継投を選択。3戦連続で先発が5回持たずに降板する事態となった。

 打線はDeNA先発・浜口に完封を許した。6月9試合で、3度目の0封負け。9回は2死満塁の好機を作ったが、あと1本が出なかった。試合後、栗山英樹監督は「何とかしっかり点を取れるように。本当にまずは連敗を止めないといけないので、みんなでしっかりやっていきます」と話した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請