【巨人】湯浅大がプロ初安打 記念球に原監督が直筆サイン「2000本目指せ」

プロ初安打を放ち原監督のメッセージ入り記念球を手に笑顔の巨人・湯浅大
プロ初安打を放ち原監督のメッセージ入り記念球を手に笑顔の巨人・湯浅大

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人5―1ロッテ(11日・ZOZO)

 巨人の高卒4年目内野手・湯浅大がうれしいプロ初安打を放った。

 代走から途中出場して二塁の守備につくと、9回2死で迎えたこの日初打席で成田から左中間二塁打を放った。

 試合前まで1軍ではプロ通算9打席で7打数無安打。10打席目で初安打を記録し「ようやく4年目で初ヒットが打ててうれしいです!引き続きたくさんヒットが打てるように頑張ります!!」と話した。

 健大高崎から17年ドラフト8位で入団した俊足好守の内野手。同じ右打ちの坂本勇人に憧れ、ともに行った自主トレでも多くを学んだ。

 試合後、初安打の記念球に原監督が直筆でサインと「大君 プロ初ヒット 2000本目指せ」とメッセージを入れてプレゼント。宝物の記念球を手に笑顔を見せた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請