日本代表採点&寸評 伊東純也のゴールでセルビアに勝利!FW陣のパフォーマンスは明暗くっきり

スポーツ報知
伊東純也

◆国際親善試合 日本1―0セルビア(11日・ノエビアスタジアム)

 日本はセルビアに1―0で勝利した。前半はボールを支配する展開でビルドアップに課題を残す内容となったが、後半開始から徐々に日本ペースへ。同3分にMF鎌田大地のCKをニアでDF谷口彰悟がそらし、MF伊東純也や押し込んで先制した。

 採点と寸評は以下の通り。

森保一監督【6・0】貴重な欧州勢との対戦機会。いろいろとハッキリする部分はあった、はず

GK権田修一【6・0】思いのほかピンチ自体が少なく見せ場は少なかったが、結果的に無失点

DF室屋成【6・0】点差に応じた最良のプレー選択と立ち位置。守備だけでなく、攻撃面でも安定感が出てきた印象

DF植田直通【6・5】期待感薄めだったキックも時折チャンスに。フィジカル勝負は互角以上。高い集中力で隙も見せず

DF谷口彰悟【6・5】CKをニアで触って伊東ゴールをアシスト。ミスもあったが、ビルドアップではボランチコンビよりも視野の広さが感じられた

DF長友佑都【6・0】駆け上がりの存在感は控えめだったが、ピンチをピンチにさせない危機察知能力の高さは随所に発揮

MF橋本拳人【5・5】守備面はまずまず。攻撃面はまずい。組み立て力、展開力に課題

MF守田英正【5・5】前半はシンプルというより単調なプレーが多かった印象。後半は若干修正。若干だが

MF伊東純也【6・5】CKをファーで押し込み先制点。速いだけの選手ではなく、十分に怖い選手である

MF鎌田大地【6・5】足元、裏で巧みにボールを受ける。現役時代のセルビア指揮官っぽさあり

MF南野拓実【6・0】決定的な仕事は少なかったが、有効的な仕事は多く減点要素はなし

FW古橋亨梧【5・0】うまくボールを引き出す場面もあったが、その後に周りを生かせずロストの起点に。1トップ適性、なし

FWオナイウ阿道【6・5】後半開始時IN。代表デビュー。風が吹けば桶屋が儲かる、の要領でオナイウが走ればチャンスが生まれた。今後に向けて期待大

MF川辺駿【5・5】後半開始時IN。悪目立ちもなかったが、そもそも目立つプレーは少なかった

DF山根視来【6・0】後半20分IN。伊東、浅野の勢いと速さを殺さないプレー

MF浅野拓磨【5・0】後半31分IN。完璧な飛び出しから衝撃的な外しっぷり

DF小川諒也【―】後半37分IN。出場時間短く採点なし

MF原口元気【―】後半37分IN。出場時間短く採点なし

※平均は5・5~6・0点。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請