【巨人】坂本勇人が復帰戦2安打 8年ぶり5番起用に原監督「大将がいると…」

8回1死、坂本勇人が右前安打
8回1死、坂本勇人が右前安打

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人5―1ロッテ(11日・ZOZO)

 巨人の坂本勇人内野手(32)が「5番・遊撃」で1軍復帰して2安打を放った。

 坂本は5月9日のヤクルト戦(東京D)でヘッドスライディングで帰塁した際に右手親指を骨折。翌10日に出場選手登録抹消され、1か月ぶりに復帰した。

 5番でのスタメンは13年9月8日の阪神戦(甲子園)の「5番・一塁」以来8年ぶりだった。

 原監督は「やっぱりいい風を吹かせてくれたという感じがしますね。落ち着いていますよね。やっぱり野球そのものがね」と話し、5番起用の意図については「ちょっと一言では言えないね」としつつ、「まあ、後ろに大将がいると和真(4番の岡本和)もピリッ、とするところがあるでしょうね」と話した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請