【巨人】4連敗でストップ 坂本勇人復帰即2安打 8回ウィーラー勝ち越し打 岡本和真17号2ラン

6回2死一塁、二飛に倒れるも笑顔でベンチに戻る坂本勇人(カメラ・中島 傑)
6回2死一塁、二飛に倒れるも笑顔でベンチに戻る坂本勇人(カメラ・中島 傑)

◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ1―5巨人(11日・ZOZOマリン)

 巨人は同点の8回にZ.ウィーラーの勝ち越し二塁打、岡本和真の17号2ランなどで一挙4点。右手親指骨折のため離脱していた坂本勇人が「5番・遊撃」でスタメン出場。2回の第1打席で左前安打を放つと、8回にも右前安打。大黒柱の復帰でチームは連敗を4で止めた。

 チームリーダーの復帰が打線に火をつけた。同点の8回、松原聖弥が左翼線二塁打で出塁すると、続くウィーラーが左中間へ連続二塁打を放って勝ち越しに成功した。

 さらに1死三塁から岡本がバックスリーン右に特大の17号2ラン。若林にも適時打が飛び出して試合を決めた。

 先発のC.C.メルセデスは7回7安打1失点と好投して2勝目。2番手の畠世周、守護神・T.ビエイラが得点を与えず、チームは連敗を4で止めた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請