【日本ハム】金子弌大5回途中8安打4失点で降板 打線も5回まで2安打無得点と沈黙

5回2死一、二塁、交代を告げられベンチに引き揚げる金子弌大
5回2死一、二塁、交代を告げられベンチに引き揚げる金子弌大

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―DeNA(11日・札幌ドーム)

 日本ハムの金子弌大投手が、5回途中8安打4失点で降板した。

 チームが3連敗中で迎えた先発マウンドだったが、初回先頭で桑原に二塁打を浴びると、2死三塁からオースティンに豪快な先制2ランを浴びる。

 さらに3回には1死二、三塁から佐野に犠飛を許すと、5回にも1死三塁でまたしても佐野の犠飛で追加点を献上。さらにオースティンに四球、宮崎に中前安打を浴びた所で降板となった。

 打線も1番・浅間、2番・万波、3番・高浜、4番、近藤まで全員が横浜高出身の“横浜高打線”を形成するも、5回までDeNAの先発・浜口の前に2安打無得点と沈黙した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請