Fukase、役者デビュー セカオワメンバーからは「まじでサイコパス」

映画「キャラクター」初日舞台あいさつで笑顔を浮かべる(左から)中村獅童、高畑充希、菅田将暉、Fukase、小栗旬
映画「キャラクター」初日舞台あいさつで笑顔を浮かべる(左から)中村獅童、高畑充希、菅田将暉、Fukase、小栗旬

 俳優の菅田将暉、4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のFukaseが11日、都内で行われた映画「キャラクター」(永井聡監督)の初日舞台あいさつに登壇した。

 目撃した殺人事件の犯人を自身の作品に投影した漫画家(菅田)と漫画のモデルにされた殺人鬼(Fukase)。交わってしまった2人に待ち受ける運命を描くミステリー作だ。

 Fukaseは映画出演はもちろん、演技初挑戦。当初オファーを受けるか悩んでいた時に相談した俳優・神木隆之介から「(Fukaseは)優しい殺人鬼が似合うよ」とアドバイスを受けたことを明かし「優しい殺人鬼ということで、声を丸くして話すところから始めて、少し高い声を録音して、それを聞いて役作りをしていました」。頼もしい友人の指摘を受けて、地道な役作りを重ねたという。

 セカオワのメンバーはこの日、ボーカルの役者デビューを見に行ったという。Fukaseは「Saoriから『これを演じながらsilentというラブソングを書いていたのは、まじでサイコパス』って言われました」とニヤリ。菅田も「『ラブソング書いているんだ』って言いながら、(血のりで)真っ赤でしたもんね」と笑って振り返った。

 役者界のトップランナーの菅田もFukaseとの共演に刺激を受けた様子。「僕にとってFukaseさんは高校時代に買った初めてのCD。憧れの1人であった。Fukaseさんと演じられたことがうれしいですね」と話した。

 同作は漫画家・浦沢直樹氏の人気作「20世紀少年」「MASTERキートン」のストーリー共同制作者として知られる長崎尚志氏が、初めて映画のオリジナル脚本を手掛け、構想に10年を費やした力作。永井監督は「このタイミングで良かったのかな。10年前に実現していたら、私は長編デビューしていないし。菅田君も『仮面ライダー』の頃。このタイミングだからこそ、このキャストがそろった」と感慨深げだった。

 共演の高畑充希、中村獅童、小栗旬も登壇した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請