京都洛北、サヨナラ勝ちで昨年の王者を撃破!…第52回日本少年野球選手権大会 京都府支部予選

サヨナラ勝ちを決め喜ぶ京都洛北ナイン
サヨナラ勝ちを決め喜ぶ京都洛北ナイン

◆第52回日本少年野球選手権大会  京都府支部予選 ◇中学生の部 ▽1回戦 京都洛北ボーイズ5-4京都宇治ボーイズ(6日・京都宇治ボーイズ専用球場)

 1回戦6試合が行われ、京都洛北ボーイズが昨年代表の京都宇治ボーイズに延長8回の激戦の末、サヨナラ勝ちしベスト8進出を決めた。

 勝利の女神は京都洛北にほほえんだ。延長8回1死満塁。打席に立った早は、体勢を崩しながらも、必死にボールに食らいついた。「絶対に決めてやると向かっていった」。打球は遊撃へ。その間に三塁走者・藤野が、叫びながらサヨナラのホームを踏んだ。

 昨年代表の京都宇治相手にナインは燃えた。打線が躍動したのは3回だ。この回先頭の森安の右翼線二塁打を足がかりに、1死満塁の好機をつくると、4番・井上颯が左中間へ先制の2点タイムリー。さらに萱野も右前へ適時打を放ち、3点のリードを奪った。

 先発・河野も力投した。「直球が走り、変化球もよくキレて、投球に手応えを感じた」。その言葉通りに、3回までは1安打無失点。4、5回に1失点ずつしたが、動揺することなく5回を投げきった。

 6回からは、岩崎が2番手としてマウンドへ。いきなり同点とされたが「振り出しに戻っただけ。自分の向かっていく攻めの投球を思い出した」と奮起。7回2死二塁、8回も1死一、二塁の危機をしのぎ、劇的勝利につなげた。

 これ以上ない最高の勝ち方で初戦を突破。「みんなが喜んでくれたので最高!」と早。この勢いで、古都の頂点を狙う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請