大竹しのぶ、娘の名前・IMALUへの思い「私と、母は大反対」「今では娘は誇りに」

大竹しのぶのインスタグラム(@shinobu717_official)より
大竹しのぶのインスタグラム(@shinobu717_official)より
大竹しのぶのインスタグラム(@shinobu717_official)より
大竹しのぶのインスタグラム(@shinobu717_official)より
大竹しのぶ
大竹しのぶ

 女優の大竹しのぶが11日、自身のインスタグラムを更新。元夫のお笑いタレントの明石家さんまの座右の銘から名付けた長女のタレント・IMALUの名前についての思いを明かした。

 大竹は「今日から、漁港の肉子ちゃんが公開されました。ほんわかする映画です」と、さんまが初プロデュースしたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督)の公開を報告し、さんまらとの写真と、宣伝パネルの写真をアップ。

 「生きてるだけでまるもうけというのはさんまさんの座右の銘で、そこからいまると名付けました。私と、母は大反対。いまるはおまるとか言っていじめられるとか母が言ってたことを思い出します」と、命名した際のいきさつを回顧。

 「今では娘は誇りに思ってる名前になりました。そうだね、とにかく生きていこうね、笑いながら。何とかなるさ。今日は一回公演。来てくださったお客様、本当にありがとうございました」と、出演中の舞台「夜への長い旅路」(7日~7月4日・bunkamuraシアターコクーンほか)に触れながら、現在の思いをつづった。

 この投稿には、「『生きてるだけでまるもうけ』は、私もいつも辛い事があると心の中で唱えます。前向きになれる素敵な言葉です」「いまるちゃんという名前改めて素敵な名前だと思います」などのコメントが寄せられた。

大竹しのぶのインスタグラム(@shinobu717_official)より
大竹しのぶのインスタグラム(@shinobu717_official)より
大竹しのぶ
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請