元大関・朝潮の錦島親方もガイドライン違反発覚 日本相撲協会を退職 朝乃山入門時の師匠

大関昇進伝達式での朝乃山(右)と錦島親方(当時・高砂親方)
大関昇進伝達式での朝乃山(右)と錦島親方(当時・高砂親方)

 大相撲の元大関・朝潮の錦島親方が、日本相撲協会が定める新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反していたことが11日に発覚した。この日、都内で開かれた日本相撲協会の臨時理事会で、錦島親方が外出が原則禁止の期間に不要不急の外出をしていたことが明らかにされた。弟子の大関・朝乃山や別の力士を同席させていたこともあった。錦島親方は責任をとり、10日の協会との面談後に退職届を提出し、受理された。

 錦島親方は昨年11月に師匠を高砂親方(元関脇・朝赤龍)と交代。同12月に定年の65歳を迎え、再雇用制度で参与として協会に残っていた。現役時代は強烈なぶちかましで人気を博し、引退後は親方として元横綱・朝青龍を育て、不祥事の対応にも追われた。

 ガイドラインに違反して夏場所を途中休場した大関・朝乃山(高砂)の入門時の師匠でもある。高砂部屋は明治時代初期の1871年から続くが、“師弟”でのガイドライン違反が発覚。名門の看板に泥を塗る結果となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請