小池都知事、国会党首討論での自身への指摘に不快感

スポーツ報知
定例会見を行う東京都の小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事は11日の定例会見で、国会党首討論で今夏の東京五輪・パラリンピックを巡る都知事のリーダーシップなどが指摘されたことについて「国会ですから、そこにいない対象者については取り上げないのが普段の国会ではないか」と不快感を示した。

 9日に行われた党首討論では、日本維新会の片山虎之助共代表が「開催都市は東京都だ。しかし総理が矢面に立って色々と攻撃されている。本当は小池さんが表に出なければいかんのではないのか」などと質問。菅義偉首相は「私が申し上げたいことを言っていただいて大変うれしく思う。責任は全部総理大臣だと、国会議論はそうなっている。ただ逃げる気はない」などと述べた。

 菅氏の発言を受けて、小池氏はこの日の会見で「オールジャパンで東京や会場のある自治体の全体で盛り上げ、新型コロナウイルス対策をしっかりやっているのを世界に伝える」と大会開催に向けて関係者との連携を強調。「(大会開幕まで)日数が迫っているが、来日人数の削減の徹底、行動管理・健康管理の徹底、医療体制見直しの徹底、『三徹』を着実に進めていく」と述べた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請