小池都知事、東京五輪・パラPV会場中止報道を否定「ファクトではないため抗議文出した」

定例会見を行う東京都の小池百合子知事
定例会見を行う東京都の小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事は11日の定例会見で、今夏の東京五輪・パラリンピック期間中のパブリックビューイング(PV)について「さまざま報道あるが、地元の自治体と意見交換しながら進めて行く」と述べた。

 この日、一部報道で大会期間中のPVに関して都が都内全ての開催中止を検討していることが報じられたが、小池氏は「これはファクトではございません」と主張。「発信された社の担当者宛てに事実誤認であるとの抗議文を出した」と説明した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため人流抑制などが呼び掛けられる中、PVなどの人を集めるイベント会場の開設には批判の声も強い。都内会場を巡っては、1日に代々木公園のライブサイト会場は五輪期間中はワクチン接種会場への転用が発表された。

 一方で、多摩地域のライブサイト会場として活用予定の井の頭公園(三鷹市、武蔵野市)を巡っては、武蔵野市が中止を求める要望書を都に提出している。また、調布駅や墨田区の都内会場や、埼玉や千葉県内の会場におけるPV中止が既に決定された。

 小池氏は「政府のイベント開催制限の方針などを踏まえて準備調整していく」とし、あくまで開設に向けて各自治体と協議を進める方針を示した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請